医療翻訳を依頼したい!翻訳会社・サービスの選び方

 

高度な専門知識が必要となる医療翻訳。質の高い医療翻訳のためには、優れた翻訳会社・サービス、翻訳家との出会いがカギです。無数にある翻訳会社からどのように医療翻訳の発注先を選ぶべきか、翻訳会社や翻訳サービスを選ぶ際のポイントを3つご紹介します。

 

翻訳家と直接やりとりできる
多くの翻訳会社ではフリーランスである翻訳家との直接連絡は禁止されていて、翻訳家への連絡は依頼者→営業→翻訳コーディネーター→翻訳家という段階を踏んで行われます。これでは時間がかかるうえに情報が正しく伝わらない可能性もあります。他分野よりもさらに正確性が問われる医療翻訳の場合は、翻訳家と直接連絡がとれる翻訳サービスがおすすめです。翻訳家本人と直接やりとりすることで、信頼関係も築きやすくなります。

 

翻訳家の詳細プロフィールが見える
医療翻訳は他分野よりも原文理解が格段に難しく高度な知識が必要であるため、翻訳家のプロフィールが気になりますよね。でも実は、翻訳家のプロフィールを開示している翻訳会社は少ないのです。開示されたとしても、翻訳経験年数や得意分野といった大まかな情報しか出てこないこともしばしば。高度な医療翻訳を安心して依頼するためには、医療に関する知識・経験がどの程度あるかはもちろん、どんな人柄なのかもわかるような詳細プロフィールが見える翻訳サービスを選びましょう。

 

翻訳家を指名できる
医療に精通する良い翻訳家を見つけたら、次回以降も同じ人を指名したいところ。しかし大きな翻訳会社の場合、依頼日時や納期が明確に決まっていないと翻訳家のスケジュールを押さえておくことは困難です。翻訳依頼スケジュールが流動的になりがちな忙しい医療現場においては、気軽に翻訳家を指名できる翻訳サービスが便利です。

 

まずはお試しを!
高度な専門知識が要求される医療翻訳の場合、翻訳家と密にやりとりができるかがポイントになります。質も相性も良い翻訳家を見つけるべく、いくつか気になる翻訳サービスをピックアップして、まずはお試し感覚で使ってみることをおすすめします。

 

 

Webで翻訳は、医療・医学の翻訳を得意としている翻訳家がたくさんいます。
サイト内で翻訳家と直接やり取りもでき、プロフィールや他のお客様が依頼をしたレビュー(評価)も見る事ができます。

 

↓「Webで翻訳」オフィシャルサイト↓
Webで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ