ネイティブ翻訳家へ翻訳依頼!メリットとデメリット

 

翻訳はぜひネイティブ翻訳家に依頼したい!と思う日本人は多いのではないでしょうか?今回は、ネイティブ翻訳家に翻訳依頼する際のメリットとデメリットをお伝えします。もちろん個人差があるので、あくまでも一般的な傾向としてお考えください。
※ネイティブ翻訳家=日本語以外の言語を母語とする外国人翻訳家と定義

 

ネイティブ翻訳家のメリット
翻訳先言語のネイティブに依頼すると次の2つのメリットがあり、文書の訴求力がUPします。

・自然でこなれた表現になる
ネイティブは文法や単語選択のミスの可能性が非常に低く、日本人には難しいナチュラルでこなれた文章に仕上がります。

・平易な表現もできる
ネイティブであれば、自然でかっこいい表現だけでなく平易な表現も可能なので、用途や対象読者に合わせて表現のリクエストを出すこともできます。微妙なニュアンスや表現の使い分けは、日本人には難しいものです。

 

ネイティブ翻訳家のデメリット
・日本語読解を間違える可能性あり
日本語からの翻訳の場合、日本事情に精通していないネイティブの場合、日本語読解を間違えて誤訳する可能性があります。主語や目的語があいまいだったり難解な文章になっていたりする日本語文書は、ネイティブ翻訳家ではなく日本人翻訳家に依頼するといいかもしれません。

・ノンネイティブには伝わりにくいことがある
ネイティブらしい表現は、時にノンネイティブには伝わりません。美しい英語に翻訳したとしても、ノンネイティブにはわからない表現が多いため彼らから「英語が間違っている!」という指摘があることも。

・料金が高い
日本国内におけるネイティブ翻訳家の数は日本人翻訳家と比べて圧倒的に少なく、その中でも日本語力の高いネイティブ翻訳家となると本当に貴重な存在です。希少価値が高い分、彼らの翻訳料金は高い傾向にあります。

・休暇が長い
フリーランスのネイティブ翻訳家は休暇が長めです。お気に入りのネイティブ翻訳家のスケジュールは早め早めに確認しておくことをおすすめします。

 

美しい文章がほしいときはネイティブ翻訳家を!
日本人では実現が難しい美しい表現やナチュラルさが魅力のネイティブ翻訳家。マーケティング文書やスピーチ原稿など、文章の美しさが問われるものはぜひネイティブ翻訳家に依頼したいですね。

 

※最初にお伝えしたように、あくまで一般的な傾向としてお伝えしています。

※日本人翻訳家でネイティブ並の翻訳家やネイティブ翻訳家で日本人並みの知識・理解力を兼ねた翻訳家はたくさんいますよ。

 

Webで翻訳の翻訳家も日本人でもネイティブと変わらない文章を書く翻訳家がたくさんいます。もちろん日本事情に精通しているネイティブな翻訳家もいます。

 

↓「Webで翻訳」オフィシャルサイト↓
Webで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ