英語の勉強に役立つサイト5選

インターネット環境さえ整っていれば、英語の参考書が手元になくてもいつでもどこでも英語学習が可能です。今回は、英語の勉強に役立つサイトを5つご紹介します。

 

ブロガーのレオ・ババウタが運営する「Zen Habits」は英語の勉強はもちろん、人生のモチベーションアップに役立つサイトです。ダイエットにしろ仕事の生産性の追求にしろ、そして英語学習にしろ、目標を達成するには毎日の積み重ねが大切です。ところが、努力をすることは簡単なように思えて、どうしてなかなか大変なもの。しかし、このサイトを通して、毎日の習慣を少しずつ変えることが、やがて大きな成果を生み出すことについて学ぶことができるでしょう。比較的簡単な英語が使われている「Zen Habits」を毎日少しずつ読む習慣を培えば、いつしか自然な英語を身につけることができるかもしれません。

 

英語学習者の間で超有名なサイトである「News in levels」。英語でニュースを読むなら、時事英語に強くなれるでしょう。とはいえ、ニュースに出てくる英語は難しいものが多くて、レベルが高すぎると思っている人もいらっしゃるのでは?「News in levels」では、英語学習者の理解レベルに合わせたニュースが用意されています。また、音声も付いているのでリーディング力だけではなくリスニング力アップにも役立つでしょう。ちなみに、Level1は初級から初中級レベルで1,000単語程度、Level2は初中級から中級レベルで2,000単語程度、そしてLevel3は中級以上レベルとなっており3,000単語程度となっています。自分に合ったレベルから始められ、幅広い話題を網羅しているので、英語学習者ならぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

「イギリスの英語に興味がある!」という人であれば、「BBC Learning English」のサイトを活用してみてはいかがでしょうか?英国放送協会が提供しているこのサイトは、世界中の英語学習者のためのもので、動画やテキスト、学習用音声などさまざまな学習素材を通して英語を学ぶことができます。このサイトでは英語で英語を学ぶことができ、1日15分ほど継続的に続ければ、必ず英語力をアップさせることができるでしょう。「英語で英語を学ぶなんて難しそう」と、英語学習初心者の人なら思ってしまうかもしれません。しかし、スクリプトや語句の説明があるので、英語のニュアンスを掴みながら生きた英語を学ぶことができるでしょう。

 

仕事術や生活術に関する情報を入手することができるサイト「Lifehacker」。アメリカ版やイギリス版、オーストラリア版や日本版のサイトがあります。同じ名前のメディアなのに、運営が異なるためかそれぞれの国でトピックが違うという特徴があり、読み比べてみると面白いでしょう。トピックも多岐に渡り、教育や趣味、ガジェットやウェブサービスの紹介などが扱われています。ニュースほど堅苦しくないので、ちょっとした息抜きにぴったりでしょう。「Lifehacker」のサイトを定期的に訪れるなら、役立つ情報を集めながら英語の勉強ができますよ。

 

MOOCの中でも知名度の高い「Cousera」。スタンフォード大学やミシガン大学など、世界の大学の講義をオンライン上で受講することができます。医療や医学、情報・社会ネットワーク、数学と統計学のほか、経済学や金融学、そしてコンピューターサイエンスなど幅広い分野の講義が用意されています。語学分野では、英語を母語としない人たちのための「English for Career Development」というペンシルべニア大学が提供している講座があり、キャリア英語入門者にぴったりです。また、「English for Business and Entrepreneurship」というグローバルビジネスや起業について学べるコースがありますが、こちらも英語を母語としていない人向けの講座となっており、英語を学びながらキャリアアップを目指すことができるでしょう。

 

↓24時間365日いつでも翻訳できるのは↓
Webで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ