最新版!SNSで使われているティーンの英語&英略語

世界人口の3分の1以上がSNSを利用している世の中。ネットスラングも、どんどん進化しています。今回は、英語圏の若いSNSユーザーたちが好んで使用する英語と英略語をご紹介します。

■idgi

「idgi」を初めて目にしたとき、どこかの企業名かと勘違いしたものです。実はこれ、「I don’t get it」の略語としてSNSで頻繁に使用されています。略しすぎじゃないの?と思ってしまいますが、略語を使用するのは文字数制限があるSNSでは必要なことなのかもしれませんね。

■idts

上の場合と同じく、「idts」を初めて目にしたときにもしばらくフリーズした覚えがあります。「I don’t think so」の略だと教えてもらったときには、はああと深いため息を漏らしてしまいました。でも、短くて使い勝手のいい英略語ですよね!

■idfwu

はっきりいって、あまり上品な略語ではありません。いい年した大人なら、こんな略語を使わず、ぜひスルースキルを身につけたいものです。ですが、SNSで噛みついてくる人に対して、「I don’t fuck with you = I don’t like You」の略語として使うなら、効果的な使用のうちに入るのではないでしょうか。

■rn

「Right now」の略語として使えます。例えば、「Let’s go get a drink rn」なら、「いますぐ飲みに行こうよ」になります。

■sgtm

「sgtm」は、新しい粉ミルクのブランドではありません。「Sounds good to me」、つまり「いいね」という意味の略語です。「Let’s go clubbing」とクラブで遊ぼうと誘われときなどの返答に使えるかもしれませんね。

■tfti

これは、「Thanks for the invite」の略語として使用されています。しかし、実際の英語の意味で使用されるというよりも、相手の失礼な言動に対してイラついていることを表現し、チャットを終わらせるときに使用されるようです。丁寧な言いまわしなのに、トゲのある使い方をするのが面白いですね。

■tfw

「That feeling when」の略語として使用されます。はっきり申しまして、文法的に正しい用法ではありません。「~の時のあの気持ち」という意味で使用し、例えば「TFW you realize you almost just poured coffee in your cereal instead of milk」(ミルクの代わりにコーヒーをシリアルに注ぎそうになったと気づいたあの時の気持ちったら)のように使用します。返答として、「モルダー、あなた疲れているのよ」とでも返しておくと良いかもしれませんね。

■oml

「Oh my lord」もしくは「Oh my life」の略語です。あらら大変だ、と表現したいときに使用すると良いでしょう。

■yikes

これは略語ではありませんが、「Shock,」「Disgust」の気持ちを表すときに使用します。日本語だと「オエー」もしくは「ギャー」って感じでしょうか。

■don’t@me

この英語は、SNS上の持論について他人からの意見を一切受け付けない、という場合に使用します。例えば、「Marshmallows are the most underwhelming snack in existence don’t@me」(マシュマロは存在する中でもっともつまんないお菓子だよね)のように使用します。マシュマロのぼんやりした味が好きでないことを呟いた途端、マシュマロ好きの人から総攻撃されそうですが、そんなのちっとも気にしないよという気持ちを表しています。

■deadass

「Seriously」と同じ意味で使用されています。日本語だと、「マジで」「マジか」とでも訳すことができるでしょう。

■lowkey

「low‐key」だと控えめなとか地味なという意味になりますが、SNSで使用される「lowkey」は「Sorta(sort of)」(ま、そんな感じ)(なんつうか)(ちょっとした)と同じ意味で使用されています。

■C

Cは「See」の略で使用されます。「I see」といいたければ、「 I c」と入力しましょう。

■J

Jは「Just」の略として使用されます。

■Curve

曲線や曲がっていることを表す英語ですが、「Curve」には実にいろんな意味があります。性的な意味もありますが、最近の若者たちの間では「無視する」という意味で使用されているようです。例えば、「He curved me when I was in town」(私が街にいたとき、彼は私を無視した)などと使えます。

↓SNSでも言葉をきちんと伝える↓
Webで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ