英文メールの最後に添える言葉は?OK表現&NG表現

英文メールを送るときに迷う、メールの終わり方。メールの相手やシーンにふさわしい表現をおさえるべく、メールの終わり方の代表的な表現をご紹介します。

 

■フォーマルな場合

初めてやりとりする相手に対してや、フォーマルなメールで使える表現です。

 

・Regards

最も一般的な表現。迷ったらRegardsを使っておけばOKです。

 

・Sincerely

丁寧な表現。仲のいい相手に使うと、堅苦しくてよそよそしい印象を与えてしまいます。

 

・Best wishes

フォーマルさとカジュアルさが入り混じった表現。フォーマルですが堅苦しすぎないので、フレンドリーさをプラスしたいときに使えます。

 

■親しい間柄の場合

何度もやりとりしている親しい相手に対して、カジュアルに使える表現です。

 

・Best

Best wishesの省略版。Best wishesよりも、さらに明るく親しげな印象になります。

 

・As ever

「いつものように」という意味。信頼関係を築いている相手とのメールに使えます。自分と相手の関係・物事がうまくいっているという意味が込められています。

 

■何か依頼をする場合

・Thanks in advance

この表現を使うと、返信を得やすいんだとか。「よろしくお願いします。」のような意味で使う日本人もいますが、相手にアクションを要求する表現なので、使う相手やシチュエーションには少し注意が必要です。

 

■避けるべき表現

・Looking forward to hearing from you

「お返事をお待ちしております。」という意味ですが、少し攻撃的に聞こえます。確実に回答が欲しい場合は、メール最後にこの表現を入れるのではなく、メール文中に欲しいものや回答期日を明確に示しましょう。

 

・Respectfully yours / Respectfully

感じのよい印象を受けますが、これは政府高官や聖職者に使う表現です。フォーマルすぎるので、普通のビジネスメールにはふさわしくありません。

 

■スマート表現でメールを締める!

様々な表現がある英文メールの終わり方。相手との間柄やメールの内容、与えたい印象を考慮して、適切な表現でメールをぴりっと締められるビジネスマンになりたいですね。