表現の幅を広げる!動物のイディオム7選 Part2

 

動物にまつわるイディオム、映画やドラマの中で耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。身近な動物が表現中に使用されているとしても、イディオムになるとガラリと意味が変わってしまうこともあります。今回は、現在でも会話中で頻繁に使用されている動物にまつわる英語表現から少し昔に使われていた表現までを織り交ぜてご紹介します。

 

■ Weasel out of something

「Weasel」とは、イタチのこと。実際にどうなのかはわかりませんが、どうやら英語圏ではイタチは卑怯な性格を持っていると考えられており、「Weasel out of something」というイディオムは卑怯なやり口で責任から逃れることを意味します。卑怯者と相手のことをいいたい場合には、同じくイタチを使って「You are a huge crap-weasel(お前はとんでもないクズ野郎だ)」などということができます。また、卑怯者のことを「Backstabbing cow」ともいえますが、「Backstabbing」は後ろから刺す、そして「cow」には嫌なヤツという意味があります。

 

■ The cat’s meow

1920年代に使われた表現で、すばらしいことやスタイリッシュなもの、最高に素敵な人に対して使用されます。現在ではほとんど使用されることのない表現で、人前で使うと古臭い人とみなされかねません。しかし、ネタとして使用してみるのも面白いかもしれませんね。ちなみに、現代的に最高に素敵な人だといいたいときには「Bomb」というスラングを使うことができるでしょうし、ただ単に「You are the best」ともいえるでしょう。

 

■ Watch something like a hawk

「Hawk」とはタカのことで、「Watch something like a hawk」とは注視すること、注意深く見ること、じっと視線を投げかけることを意味しています。日本にも「鵜の目鷹の目」ということわざがありますが、国を問わずタカは目の良い生き物とみなされているようです。一般的にイヌワシの目にある視細胞は人間の7.5倍以上もあるといわれており、網膜の感度が高く視野が広いのが特徴です。例えば、この英語表現は「The teacher watched the pupils like a hawk to make sure they did not cheat on the exam(先生は生徒たちが試験でカンニングしないように注意深く監視していた)」のように使うことができるでしょう。

 

■ Like a fish out of water

直訳すると水の外の魚のようにという意味になりますが、「Like a fish out of water」で場違いな、勝手が違ってという意味になります。通常水の中に棲んでいる魚が水中から外に出ると、息ができないため居心地が悪いのは当たり前ですよね。この表現は、例えばパーティーに行ったのに誰も友達がいなくて居心地が悪く、「I felt like a fish out of water(場違いに感じた)」というように使うことができます。

 

■ Red herring

「herring」とはニシンのことで直訳すると赤いニシンという意味になりますが、ここでは燻製のニシンを指します。このイディオムは、においの強い燻製のニシンを使って犬の嗅覚を訓練したことに由来しており、意味としては人の気をそらすことや目くらまし、本題から目をそらさせるための偽情報のことです。においの種類にもよりますが、犬の嗅覚は人の一億倍あるといわれており、特に動物が発する有機物のにおいに敏感だといわれています。

 

■ Fish or cut bait

このイディオムは、誰かに対して行動をおこすよう促すときに使用することもあれば、自分がやろうとしていることを選択するという意味で使う人もいます。正確な起源は不明ですが、19世紀中頃に使われはじめた表現だといわれています。同じような表現として、「Shit or get off the pot」や「take it or leave it」があります。

 

■ Let sleeping dogs lie

寝ている犬はそのままにしておこうとは、寝た子を起こすな、もしくは触らぬ神にたたりなしという日本のことわざと同じ意味になります。わざわざ不必要なことをして問題を起こすなということですが、このイディオムは日常会話でもよく使用されている表現です。

 

イディオムとは慣用句・熟語のことです。英語のイディオムを直訳しても意味が分からないと思います。たとえ英語の文法が分かっていたとしても、イディオムの知識が無いと翻訳が変になってしまいます。イディオムを使いこなすには日ごろから使い慣れることが必要です。海外の人からイディオムを使った文章を貰った時、何時間も考えるよりも、Webで翻訳でパッと翻訳して、返答内容を考える時間に使ったほうが時間を有効に使えます。外国語に関する時間短縮にもWebで翻訳をご利用ください。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

 

英語表現の幅を広げる!動物のイディオム7選 Part1