人生に前向きになれるかも?今年の抱負にしたい英語の言葉

 

目標を持っていれば、人生を有意義に歩めるはず。令和2年の抱負や目標を決めるに際して、世界的に有名な人々の言葉を参考にすれば、人生に前向きになれる場合もあるでしょう。そこで今回は、人生をうまく切り抜けるのに役立ちそうな言葉たちを集めてみました。

 

■Count your age by friends, not years. Count your life by smiles, not tears.

かつてジョン・レノンは、「年齢を年月ではなく、友人の数で数えよう。人生を流れ落ちた涙の数ではなく、笑顔の数で数え上げよう」といいました。もしも、来年こそは「ぼっち」を卒業したいと思っている人がいるなら、この言葉を胸に自分を奮い立たせてみるのも良いかもしれません。

 

■The secret of Life, though, is to fall seven times and to get up eight times.

ブラジルの小説家であるパウロ・コエーリョは、作品の中で「人生をうまくやり過ごす秘訣は、七転び八起きすることだよ」と述べました。『アルケミストー夢を旅した少年』の主人公であるサンチャゴが物語の中で経験したことは、まさにこのこと。困難に次ぐ困難にもめげずに前進し続けることで、生きる意味を見出していったサンチャゴに見習いたいですね。

 

■The only way to get through life is to laugh your way through it. You either have to laugh or cry. I prefer to laugh. Crying gives me a headache.

「人生を切り抜ける唯一の方法は、笑いながら生きること。泣くか笑うかのどちらかだとすれば、わたしは笑っていたいわ。だって、泣いたら頭痛がするんですもの」。末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)のかつての最高管理者であったゴードン・B・ヒンクレー。その妻であったマージョリー・P・ヒンクレーは、ヒンクレー家のモットーを上記のように述べたといいます。笑う門には福来るではありませんが、ヒンクレー家が笑顔溢れる家庭であったことがうかがえる言葉なのではないでしょうか。

 

■We learn from failure, not from success!

「我々は成功からではなく、失敗から学ぶのだ!」とは、怪奇小説『ドラキュラ』の生みの親であるブラム・ストーカーの言葉です。この作品を出版したのは、なんと50歳のときだったのだとか。大器晩成タイプだった彼の言葉は、なんともいえぬ説得力がありずっしり重みがありますね。

 

■Start with what is right rather than what is acceptable.

「世間一般に受け入れられることよりもむしろ、正しいことから行うようにしよう」と述べた、作家のフランツ・カフカ。生前は「労働者傷害保険協会」に勤務していた、しがないサラリーマンだったカフカは、非常にまじめで几帳面な人物だったといいます。しかし彼は、世間体ばかりを気にする小心な人にありがちな、長い物には巻かれろの精神を持った人物ではありませんでした。この言葉は、エキセントリックともいえるほど不条理な世界を表現し続けた、彼らしい言葉だといえるでしょう。

 

■Yesterday is history, tomorrow is a mystery, today is God’s gift, that’s why we call it the present.

アメリカでコメディの女王として名を馳せたジョーン・リバーズは、「昨日は歴史になり、明日はミステリーで、今日は神様からの贈り物なの。だからこそ、『プレゼント』(贈り物という意味でも、現在という意味でも)と呼ぶのよ」といいました。今、生きていることこそが神様からのプレゼントだとすれば、毎日を大切に生きようと思えるかもしれませんね。

 

■Never interrupt your enemy when he is making a mistake.

フランスの英雄ナポレオン・ボナパルトは、「敵がミスを犯しているときには、絶対に邪魔をするな」といったそう。皇帝にまで上り詰めた人物の言葉を思いに留めておけば、もしかすると役立つときもあるかもしれません。

 

■For beautiful eyes, look for the good in others; for beautiful lips, speak only words of kindness; and for poise, walk with the knowledge that you are never alone.

銀幕の妖精として、いまでも世界中の人々から愛されているオードリー・ヘプバーン。彼女は、「美しい目で他の人の長所を探しましょう。美しい唇で親切な言葉だけを語りましょう。そして、冷静な態度で知恵と共に歩めば、あなたはけっしてひとりぼっちにはなりません」と語りました。美しいオードリーの言葉通りに人生を歩めば、素敵な未来が開けると期待できるのではないでしょうか。

 

2020年は目的を持って生きていきたいと考えています。そのためにも、出来るだけ自分の時間を作って、目的に向かって努力をしていきたいと考えています。時間は有限ですので、自分の時間を作るためには、自分で出来ることでも他を使って作業を終わらせるということが大事になってきます。自分の時間を有意義に使うために、Webで翻訳を使って頂ければと思います。今年もWebで翻訳をよろしくお願い致します。

 

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

 

Webで翻訳」(株式会社インフォシード)は経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店となりました。2019年10月21日~2020年6月30日の間、「Webで翻訳」をご利用の際にクレジットカードで決済されますと、5%還元されます。※ポイント還元方法等は、決済時にご利用頂いたクレジットカード会社へご確認をお願い致します。 

https://blog.web-trans.jp/language20180620/

 

【2020年から小学校で英語が教科化】英語ができる子どもに育てるには?