三毛猫やハチワレは英語でなんていう?英語で猫の柄や模様をいってみよう

 

飼い猫の話しをしているときに、「どんな毛色の猫なの?」と尋ねられることがあるかもしれません。じつは、毛皮の色や模様で猫の性格をある程度分類できると考えられているのは、日本でも海外でも同じです。そこで今回は、猫の毛皮の柄や模様を英語でどのように表現できるのかについてご紹介します。

 

白猫や黒猫は「Solid

白や黒やグレーにかかわらず、単色の猫のことを英語では「Solid」といいます。白猫であれば、「Solid White」、黒猫であれば「Solid Black」、グレーの毛皮の猫であれば「Solid Grey」となります。

ちなみに、猫にもアルビノが存在するため、白猫だと思っていた猫がアルビノである場合も。アルビノの猫のことは英語でも「Albino Cat」といいます。白猫とアルビノの猫の見分け方にはいくつか方法がありますが、目の色が赤か赤っぽい青色の場合にはアルビノである可能性があります。

 

ぶち猫は「Bicolor

ぶち猫の毛皮は、主に黒と白の二色から成っていることから、英語では「Bicolor」と呼ばれています。ぶち猫の中にも種類があり、ハチワレや牛柄模様もぶち猫に分類されているのだとか。黒が多いぶち猫はフレンドリーで甘えん坊、白が多いぶち猫は気が強い性格の子が多いといわれています。

模様が額で八の字を描いている猫のことをハチワレといいますが、英語では「Tuxedo」と呼びます。これは黒の模様が多く、まるでタキシードを着ているかのように見えるからだそう。ハチワレよりも、タキシードのほうがオシャレな感じがしていいですね。

 

とら猫は「Tabby

とら猫とは虎模様の毛皮の猫のことをいいますが、英語では「Tabby」と呼ばれています。とら猫の種類もさまざまで、茶トラをはじめ、濃い茶色と黒の縞模様を持つキジトラ、グレーに黒い縞模様のサバトラなどがあります。茶トラは英語で「Red Tabby」もしくは「Orange Tabby」、キジトラは「Brown Tabby」、サバトラは「Silver Tabby」です。日本でいう茶トラが英語では「赤」や「オレンジ」の毛皮の猫になるのが面白いですね。

ほかにも、キジトラなのに顔やお腹や足先が白い猫はキジ白と呼ばれており英語では「Brown and White Tabby」、サバトラなのに顔やお腹や足先が白い猫はサバ白といい、英語では「Silver and White Tabby」もしくは「Gray and White Tabby」といいます。

 

三毛猫は「Calico

一般的に、黒・白・茶色の三色からなっている毛皮を持つ猫のことを三毛猫といいます。日本ではお馴染みの三毛猫ですが、海外では日本ほどメジャーではありません。幸運を招く猫、人懐っこくて飼いやすい猫として人気の三毛猫は、英語で「Calico」もしくは「Tricolor」、「Tortie and White」と呼ばれており、海外でも人気があります。

 

さび猫は「Tortoiseshell

さび猫とは黒と茶色のまだら模様を持つ猫のことで、一般的に穏やかで甘えん坊な性格の猫として知られています。さび猫のことを英語では「Tortoiseshell(べっ甲)」といいますが、三毛猫と同じようにそのほとんどが雌の猫だといいます。黒とオレンジ色が混ざった縞模様を持つ猫である麦わら猫はさび猫と非常に良く似ていますが、英語では「Brown  Patched Tabby」と呼ばれており、とら猫に分類されます。

 

シャムやヒマラヤンは「Pointed

顔や耳や尻尾、そして四肢だけに色を持つ猫のことを指し、シャムやヒマラヤン、ラグドールやバーマンといった猫のことを「Pointed」といいます。

 

左右できれいに色が分かれている「Chimera

右と左でまったく違う模様を持つ猫のことを、「Chimera」といいます。キメラ猫とは、2つの受精卵が融合し、異なる2つの遺伝子細胞を持っている猫のことです。非常にめずらしい猫で、まるで2つの顔を持っているみたいに見えるんだとか。ちなみに、猫だけではなく人間にもキメラが存在するそうです。

 

今回の猫の毛色についてでもそうですが、意外と英語でどう表現するのかってことは分からなかったりするのではないでしょうか?日常会話には必要が無いかもしれませんが、こういうちょっとした言葉でも知っておくことで会話が広がったりします。手紙を書くときなど、適切な表現で英語に翻訳を希望される場合は、是非Webで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へにほんブログ村

 

Webで翻訳」(株式会社インフォシード)は経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店となりました。

2019年10月21日~2020年6月30日の間、「Webで翻訳」をご利用の際にクレジットカードで決済されますと、5%還元されます。