マレーシア語でコーヒーを注文してみよう!すぐに使える便利なフレーズをご紹介

マレーシアは、比較的英語が通用しやすい非英語圏です。しかし、郷に入っては郷に従え、マレーシアを訪れる機会があるのなら、ぜひマレーシア語に挑戦してみてはいかがでしょうか。欧米とはまた違った、独特のコーヒー文化が花開いているマレーシア。本記事では、マレーシアでコーヒーを注文するときに使えるフレーズとマレーシアのコーヒーの種類をいくつかご紹介します。

 

・Minta kopi O, satu.

「Minta~」で、「~をください、~をお願いします」という意味になります。大変便利なフレーズで、スプーンがほしいときには「Minta sudu」、メニューがほしいときには「Minta menu」といえます。ところで、マレーシアの「オーコーヒー」、いったいどんなコーヒーのことか気になりますよね。「kopi O」とは、砂糖入りのコーヒーのことです。ほとんどの飲み物が甘いマレーシアでは、わざわざ「kopi O」を注文しなくても砂糖入りのコーヒーが提供されそうな気も。しかし、念には念を入れて「砂糖入りのコーヒーを一杯ください」とマレーシア語で注文したいときには、上記のように言えるでしょう。もしも、ブラックコーヒーを注文したいというのであれば、「kopi O kosong」と注文することができます。「kosong」とは、「なし」のこと。つまり、「kopi O kosong」で、砂糖抜きのコーヒーのことになります。

 

・Saya mahu kopi C

「Saya mahu~」は「わたしは~が欲しい」という意味で、英語の「I’d like ~」に相当するフレーズです。「kopi C」と聞くと、ビタミンCが入ったコーヒーなのかと思ってしまうかもしれませんが、実際には砂糖と無糖練乳であるエバミルクが加えられたマレーシアのコーヒーで、甘いカフェオレに近いコーヒーのこと。砂糖入りの甘いカフェオレが飲みたいときには、上記のように注文できます。もしも、砂糖抜きの甘くないカフェオレが欲しいときには、「Saya mahu kopi C kosong」と注文してみましょう。

 

・Saya minta kopi, ya.

誰かが注文し終わった後に、自分が注文する順番が回ってきたのであれば、上記のように「わたしはコーヒーをお願いしますね」と言えるでしょう。一般的にマレーシアでコーヒーを注文すると、砂糖ではなく、コンデンスミルクで甘さが加えられたものが出てきます。そのため、ブラックコーヒーが飲みたいときには、「Kopi」と注文しないように注意が必要です。もしも、あまり甘くして欲しくないときには、「kurang manis」(甘さ控えめで)と伝えると良いかもしれません。

 

・Saya mahu order kopi Gao.

「Saya mahu order~」で、「わたしは~を注文したい」という意味になります。このフレーズは、なにかを注文したいときに使える便利なフレーズですから、コーヒーショップ以外にも、レストランやカフェ、屋台などで大活躍するでしょう。例えば、「Saya mahu order Nasi Lemak」(わたしはナシレマを注文したいです。)、「Saya mahu order Laksa」(わたしはラクサを注文したいです)という風に使用することができます。「kopi Gao」とは、濃く抽出したコーヒーにコンデンスミルクを加えたコーヒーで、まろやかな口当たりが特徴です。

 

・Ada kopi Poh?

正式には「Apakah ada kopi Poh?」になりますが、「Apakah」を省略して、「Ada~?」でも十分通用します。「~はありますか?」という意味になり、日常会話で頻繁に使用する便利なフレーズです。例えば、「Ada peta?」(地図はありますか?)、「Ada Durian?」(ドリアンはありますか?)、「Ada Puan.Siti?」(シティさんはご在宅ですか?)という風にも使用できます。ちなみに「kopi Poh」とは、薄いコーヒーにコンデンスミルクを加えたもの。「Poh」はビン南語で、「希釈した」とう意味があります。胃腸の調子があまり良くないなというときやカフェインの影響が気になるときに注文することができるコーヒーです。

 

↓24時間365日いつでも翻訳できるのは↓
Webで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ