筋トレって英語でなんていうの?ジムで使える英語フレーズ

健康のため、美容のために筋トレに励む人も少なくないようです。正しい方法で行えば、基礎代謝量がアップするため太りにくく痩せやすい体を手に入れることができますし、男性ホルモンの分泌が促されるのでやる気がアップします。英語の勉強に疲れたら、リフレッシュのためにジムに筋トレに行くのも良いでしょう。今回は、ジムで使える英語フレーズをご紹介します。

■筋トレを英語にすると?

運動、および運動することを一般的に「exercise」といいます。ウォーキングやジョギング、水泳やエアロビといった有酸素運動は英語で「cardio exercise」、もしくは「aerobic exercise」です。「cardio」とは心臓を意味しており、有酸素運動をしてくると英語でいいたいときには、「I’m gonna do some cardio」といえます。ところで、筋トレは有酸素運動ではなく、無酸素運動です。無酸素運動のことを英語では「anaerobic exercise」といいます。

短距離走や相撲、バーベルを持ち上げるなどの運動はすべて無酸素運動に属しますが、主にジムで運動をすると英語でいいたいときには「work out」を使うのが一般的です。筋肉のトレーニングだから、「muscle training」といってしまいそうになるかもしれませんが、ネイティブに変な顔をされてしまうでしょう。中には、ジムに行ってもランニングマシーンなど見向きもせず、筋トレにのみ専念しているという人もいるのでは?筋トレも含み、体を鍛えることを「work out」といいますが、筋肉トレーニングを英語にするのであれば「strength training」、もしくは「muscle-building exercise」や「weight training」といえるでしょう。

 

■ I’d like to train my abs.

ジムで効果的に運動をしたいなら、なぜ自分がジムに通うことにしたかをトレーナーに伝えることが大切です。例えば、腹筋を鍛えたいのであれば上記のように伝えることができるでしょう。最終的にシックスパックを目指すのであれば、「Could you tell me how to get a six-pack?」(どうすればシックスパックになれますか?)と尋ねてみるのも良いかもしれません。

 

■ Can you spot me?

ベンチプレスに挑戦するときに、友人や知人、トレーナーに補助をお願いすることも。特に、追い込みたいときや重量が限界のときには、「補助をお願いできますか?」と上記のように伝えることができます。もしも、近くのマッチョに補助をお願いされたなら、最高の笑顔で「Sure!」と答えると良いでしょう。

 

■ How long have you been lifting weights for?

素晴らしい筋肉美を誇る人に対して、どれほど筋トレをしてそうなったのかを尋ねたくなる場合があるかもしれません。そのような場合には、上記のように筋トレ年数を質問してみましょう。また、どんなサプリメントが良いのか聞きたいのであれば、「What is the best supplement for building muscle mass?」(筋肉を大きくするのにベストなサプリメントはなんでしょうか?)と尋ねることができます。

 

■ How many reps should I do?

初めて筋トレマシーンを使用するときに、何回すれば良いのだろうと思うこともあるでしょう。トレーナーに尋ねるときには、上記のように聞くことができます。「rep」とは「repetitios」の省略形のことで反復を意味し、回数を表します。ですから、トレーナーが「Do 3 sets of 15 reps」といったのであれば、15回を3セットの意味になります。

 

■ Do you mind if I use this machine?

ジムで筋トレマシーン等を利用しようと思ったときに、空いているのかどうかわからないときがあるかもしれません。そのようときには、「このマシーン、使っても構わないでしょうか?」と上記のように聞いてみましょう。次に待っている人にマシーンが利用できることを伝えたい場合には、「I’m done」(終わりました)といえます。

 

■ Effort will never betray me!

筋トレが辛く感じることもあるでしょう。途中でやめたくなってしまったときには、「努力は裏切らない!」と自分に言い聞かせてみましょう。「Effort」を「Muscle」に変更して、「筋肉は裏切らない!」と自分を励ますこともできます。

 

筋トレやスポーツに関する翻訳もWebで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ