もうプリーズだけで終わらない!コーヒーを注文するときに使える便利フレーズ

海外でコーヒーを注文するとき、「コーヒー、プリーズ」のふた言で済ませてしまっていませんか?コーヒーにもいろいろ種類があるように、コーヒーの注文の仕方にもいろいろ言い方があります。そこで本記事では、海外でコーヒーを注文するときに使用できるフレーズと、誰かをカフェに誘うときに使用できるフレーズをいくつかご紹介します。

・Could I have a cup of coffee, please?

高級ホテルや高級レストランなど、格式高い場所でコーヒーを注文するときには、「コーヒーを一杯いただけるでしょうか?」と、丁寧な言葉を使って注文すると良いかもしれません。丁寧な英語を使えば、スタッフからの扱いも違ってくるものです。また、「Could I~」の代わりに「May I ~」を使っても良いでしょう。「a cup of coffee」が言いにくいのであれば少しだけ省略して、「Could I have a coffee, please?」もしくは、「May I  have a coffee, please?」と言うことも可能です。

 

・Could I have a medium coffee to go?

店内でコーヒーを飲まずに持ち帰りにしたいなら、「ミディアムサイズの持ち帰りのコーヒーをいただけますか?」と上記のように注文できます。「to go」(持ち帰り)を忘れずに文章の最後に付ければ、持ち帰りのコーヒーの用意をしてくれるでしょう。

 

・Can I get a small latte for here?

上記の文章のように「Can I get~」を使えば、「カフェラテのスモールサイズをください」とカジュアルにコーヒーを注文することができます。文章の最後に「for here」を付ければ、店内でコーヒーを飲む意思を伝えられます。

 

・Can I have a large, sugar-free, non-fat latte, please?

シアトル系のコーヒーショップでは、店員さんとコミュニケーションが取れるので、ちょっとした旅行中の英会話の練習にもってこいです。通常、サイズやカスタマイズ方法など、店員さんからいろいろ聞かれるので、事前にどんなコーヒーを注文したいのかを具体的に考えておくと良いでしょう。例えば上記のように、「ラージサイズの砂糖なし、ノンファットミルクのカフェラテをください」と注文内容を一文にして伝えると、いろいろ聞かれて慌てることもありません。

 

・I’d like a large mocha, please.

食べ物や飲み物を注文するときには、「Could I have a~」や「Can I get a~」といったフレーズをよく使用します。しかし、上記のように「ラージサイズのモカをお願いします」と、「I’d like a~」を使って注文することもできます。

 

・Do you have decaffeinated coffee?

カフェインフリーのコーヒーのことを、英語では「decaffeinated coffee」といいます。日本でもデカフェとして親しまれており、海外でもカフェインフリーのコーヒーを注文したいという人も少なくないでしょう。メニューを見てもデカフェがあるかどうかわからない場合には、上記のように「デカフェ、ありますか?」と気軽に尋ねてみることができます。

 

・Would you like to grab a coffee this weekend?

「今週、コーヒー飲みに行かない?」といいたいのであれば、上記のようにいうことができます。「grab」を使えばカジュアルに相手を誘うことができるので、相手も気負わずに誘いに応じてくれるでしょう。

 

・Are you up for a coffee next week?

「be up for~」には、「~の候補になって」や「~の容疑で訴えられて」、「~を必要として」など、さまざまな意味があります。しかし、食事やコーヒーを飲むときに使うのであれば、「~したい」「~に賛成で」といった意味で使用でき、上記のように「来週、コーヒーでもどう?」とカジュアルに相手を誘うことができるでしょう。

 

・Are you free for a coffee sometime in the next few weeks?

「今度、コーヒーでも飲みに行こうよ」と相手を誘いたいのなら、上記のようにカジュアルにいえるでしょう。ただし、あまりにもカジュアルすぎる誘い方なので、単なる口約束で終わってしまう可能性も。相手をデートに誘いたい場合には「sometime」を使わずに、しっかり日時を決めて誘ったほうが本気度を示すことができるでしょう。

海外で日常に使えるフレーズで翻訳するWebで翻訳

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ