コーヒーへの愛が止まらない!?コーヒーにまつわる7つの言葉たちPart2

 

「Are you a coffee person?(君はコーヒー派?)」と尋ねられたら、あなたならどう答えるでしょうか?きっと、大きくうなずく人もいれば、控えめにうなずく人もいらっしゃるでしょう。年齢を重ねるごとに飲み物の嗜好は変化するといわれていますが、一度コーヒーにハマってしまうとなかなか抜け出せなくなるものです。今回は、コーヒーが大好きな人なら、思わずうなずいてしまうそんな言葉たちをご紹介します。

 

■Do Lipton employees take coffee breaks?

「リプトン社の従業員たちはコーヒーブレイクを取るのかい?」。コメディアンらしいスティーブン・ライトの言葉ですが、「coffee break」には短い休憩時間という意味があります。リプトンといえば、言わずと知れた紅茶ブランド。当然ながら休憩時間はある訳ですが、コーヒーブレイクというよりもティーブレイクといったほうがぴったりかもしれませんね。

 

■I don’t have a problem with caffeine. I have a problem without it.

「カフェインの問題はないよ、カフェインがないことが問題なんだ」。カフェイン中毒になると、頭痛や吐き気などを引き起こす可能性も。発言者不明のこの言葉ですが、カフェイン耐性が強いコーヒーラバーならカフェイン中毒の心配はなくても、コーヒーを飲むことができなくてカフェインが摂取できない状況が問題になる場合もあるのではないでしょうか。

 

■7 days without coffee makes one WEAK.

「7日間コーヒーなしだと弱ってしまう」。思わず「山田君、座布団一枚さしあげて!」と叫びたくなってしまっいますが、発言者不明のこのセリフ、じつはアメリカの風刺漫画家モート・ウォーカーの名言「7 days without laughter makes  one weak(7日間笑いなしだと弱ってしまう)」をもじったものです。

 

■Television is not real life. In real life people actually have to leave the coffee shop and go to jobs.

「テレビは現実の生活ではない。実生活では人々は実際にはコーヒーショップにはいられず、仕事に行かなきゃならない」。かの有名なビル・ゲイツの言葉ですが、5分刻みのスケジュールを忠実にこなし、常に忙しく飛び回っている印象がある彼にテレビを見る時間があるとは驚きですね。アメリカのドラマではよくコーヒーショップが登場しますが、ドラマの登場人物たちのようにのんびりとコーヒーを飲む人よりも、テイクアウトしたコーヒーを片手に職場に向かう人たちの姿のほうが現実のようです。

 

Coffee which makes the politician wise, and see through all things with his half-shut eyes.

「コーヒーは政治家を賢くし、目を半分閉じてすべての物事を見抜かせる」。18世紀に活躍したイギリスの詩人アレキサンダー・ポープのこの言葉は、コーヒーの効能をよく表しているといえるでしょう。実際、コーヒーのカフェインには覚醒作用があるといわれており、頭をスッキリ冴えた状態にしておきたい政治家たちにとっては願ってもいない飲み物です。疲れて目が半分しか開けられない状況でも、コーヒーさえあれば正しい決断をくだすことができるんですから、まるで魔法のような飲み物だといえるでしょう。

 

■Black as the devil, hot as hell, pure as an angel, sweet as love.

「悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のようにピュアで、愛のように甘い」。これは、フランスの外交官チャールズ・モーリス・デ・タレイランドの言葉です。ナポレオンの時代に生きた彼は、フランス皇帝ナポレオン同様にコーヒーを愛していたといえるでしょう。フランス革命時代には、カフェは芸術家と革命家のサロンとして機能していました。カフェによく出入りしていた若き日のナポレオンと同じように、恐らく彼も足しげくカフェに通っていたのではないでしょうか。

 

■Drinking beer in a coffee mug. I feel like I am cheating on my coffee.

「コーヒーマグでビールを飲むなんて、浮気しているみたいに感じるなあ」。ふだんコーヒーを飲むマグカップにビールを入れて飲んだことがない人には、いまいちピンとこないセリフかもしれません。ですが、もし実際に試してみたなら、「なんだかコーヒーに悪いなあ」と感じるのかもしれませんね。

 

先日NHKで一日3杯のコーヒーは脂肪肝に良いと言っていました。肝臓の数値が低いからと言って脂肪肝にならない訳ではないそうです。暴飲暴食をしている人は、コーヒーを飲んでリフレッシュしてください。そして、脂肪肝にならない様に食事に気を付けて運動をしなければならないということでした。仕事で忙しい人は運動をする時間もあまりないと思います。専門的な翻訳などはWebで翻訳に任せて、その時間運動をしてリフレッシュしてください。運動するとスッキリしますし、ストレスも軽減されます。

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

 

コーヒーへの愛が止まらない?!コーヒーにまつわる7つの言葉たち