これであなたも気遣い上手!人を励ましたいときに使える英語表現10選

 

元気のない人や落ち込んでいる人を励ましてあげたいけれど、うまい英語表現がとっさに思いつかないということがあるかもしれません。気の利いた言葉で相手を励ますことができれば、人間関係もスムーズに運ぶでしょう。そこで今回は、人間関係やコミュニケーションを円滑にするのに役立つ、人を励ますときに使える英語表現をご紹介します。

 

■ Do not sweat it.

なにかに失敗して落ち込んでいる人には、「Do not sweat it」(焦らないで)と伝えてみてはいかがでしょうか?焦れば焦るほど、失敗する可能性は高くなるもの。どんなことでも焦らずにじっくり取り組めば、それなりの成果を手に入れることができるはずです。

 

■ Hang in there.

今まさになにかを頑張っている人に対して、「がんばって!」「あきらめないで!」といいたいときに使えるフレーズです。例えば、友人が失恋で悲しんでいるとき、試験のために猛勉強しているとき、さらには病気やケガ等で病院に搬送されている途中の人に使うことができます。

 

■ You can do it.

根拠のあるなしにかかわらず、「あなたならできる」といわれれば嬉しいのではないでしょうか。もちろん中には、なにを根拠に「できる」と言い切れるのか、と腹立たしく思う人もいるかもしれません。しかし、なによりも自分を信じてくれる人がいるという事実に励まされるはずです。

 

■ Get a grip.

「Get a grip」とは、しっかりしろ、落ち着けという意味のフレーズです。また、気持ちを引き締めるという意味もあります。「 grip」には、しっかり掴むという意味のほかにも、制御力や支配力といった意味も。落ち込んでいる人に対してだけではなく、取り乱している人や怒っている人にも使うことができます。

 

■ I got your back.

「わたしがついているわ」と相手を安心させたいときに使えるフレーズです。「I got your back」といった後に、相手から「It’s my problem」(それが僕の問題さ)といわれてしまったらどうしようもありませんが、少なくとも元気づけたいというあなたの気持ちを伝えることはできるでしょう。

 

■ Everyone has their bad days.

直訳すると「みんな悪い日を持っている」ですが、励ますときにこのフレーズを使えば、「誰でも調子の悪い日だってあるさ」という意味になります。もしも「It’s not my day」(ついてないよ)と落ち込んでいる人がいるなら、ぜひこのフレーズで励ましてあげたいですね。

 

■ Get over it.

それを乗り越える、つまり「(くよくよしないで)立ち直れ」「前進あるのみ」という意味のフレーズです。辛いことを経験した人やいつまでも思い悩んでいる人、トラウマからなかなか前に進めない人に対して使うことができるでしょう。

 

■ Do not be so hard on yourself.

自分を責めている人に対して、「そんなに自分を責めるな」と上記のように慰めることができるかもしれません。「Blame others」(他人を責める)よりは良いかもしれませんが、あまりにも自分に厳しすぎるのも考えものです。

 

■ What’s done is done.

失敗してしまったことに関して反省は必要ですが、後悔はなんの役にも立たないことが多いのではないでしょうか。もしも、いつまでも過去の失敗にとらわれている人がいるなら、「覆水盆に返らず」「済んだことは済んだこと」と後悔しても仕方がないことを伝えることができます。ただし、重大なミスをおかしてしまったのに「What’s done is done」と悪びれずに開き直っている人に対しては、「Think about what you’ve done」(自分のしたことを反省したらどうかな)と注意することができるかもしれません。

 

■ Tomorrow is another day.

スカーレット・オハラの名セリフ、「明日は明日の風が吹く」。セリフ中に「風」は登場しないため、直訳すると「明日は別の日」になります。このセリフには、くよくよしていても仕方がない、明日はまた別のなりゆきが待っているのだから先のことを思い煩うことなどない、といった意味が込められています。短いセリフですが、心に沁みる良い言葉ですね。

相手を気遣うという行為は、同じ国内の人相手でも海外の人相手でも必要な事です。きちんと相手に伝わるように、相手に迷惑をかけない様に翻訳をするという行為も相手を気遣ってのことです。Webで翻訳ではきちんと相手に伝わるように翻訳をしています。相手に伝わらない翻訳は翻訳ではありません。今はgoogle翻訳などの機械翻訳がありますが、きちんと相手に思いが伝わってますか?

↓この記事が「いいね!」と感じましたら下のバナーをクリックお願いします!↓
にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ